入門

小学生から一般の方(高齢者も歓迎)まで、見学・体験修練は随時受け付けています。
過去に少林寺拳法を経験された方の復帰も歓迎します。
ご検討にあたっては、「よくある質問 Q&A」欄もご覧ください。
入門手続き・諸費用等につきましては、下記へ直接お問い合わせください。
修練は、少年部と一般が同時進行で、中学生や親子拳士は御自分で終了時間を選択できます。
連絡先 松本 智一(道院長・責任者)

 ● 090-3207-2611(携帯電話)
お問い合わせフォームもご利用になれます。

体験・見学

見学を希望の方は、お問い合わせの上それぞれの修練時間にお越しください。練習を体験されたい方は動きやすい服装がおすすめです。
<少年部・一般>
月曜日 PM7:00~8:30(一般9:30)
水曜日 PM7:00~8:30(一般9:30)
金曜日 PM7:00~8:30(一般9:30)
※旗日については、休みとなります。
※おいでになる際は、あらかじめご連絡いただけるようお願いいたします(電話またはお問い合わせフォームをご利用ください)。

よくある質問 Q&A

仕事が忙しくて練習時間に遅れてしまう。
みんな仕事の余暇として少林寺拳法を楽しんでおります。仕事が第一です。ですから遅れて参加、残業でお休みも自由です。自分で調整しながら参加してください。
塾と部活があって週3回は無理なのですが。
本当は毎回の参加が望ましいのですが、他に塾や習い事があるので週1回の拳士ももちろんいます。
無理のない範囲で生活を規律づけ、スケジュール管理、毎日の勉学、修練をどうこなしていくかも修行です。
年齢制限は?
小学校1年生から受け入れております。還暦を過ぎてから入門された方もいますし、年齢・体力に合わせた修行をしています。様々な職業人がおりますので面白い人間模様があります。
女性でもできますか?
もちろんできます。少林寺拳法の技術は、小さな力で大きな効果を得るようにできており、その技術を楽しみながら、体に無理のない形で習得していくことができます。
また、身体の動きも非常に自然で、左右均等なトレーニングができるのも特長。
運動不足解消、ストレス解消と護身の技術獲得が同時に期待できます。
お子さんと一緒に始めて楽しく修練されているお母さん拳士もいらっしゃいます。
空手や合気道とはどう違うのですか?
少林寺拳法の技はいわゆる「突き」「蹴り」などが主体の「剛法」と「抜き」「投げ」「固め」が主体の「柔法」が巧妙に組み合わさった「剛柔一体の技」であることが大きな特徴のひとつです。
しかしなんといっても少林寺拳法の目的は人を倒す技術を会得することや、人に勝ち一番になることではありません。
修行を重ねる中で己に克ち、心と体を整え、技術を楽しみながら仲間と共に上達をはかる道なのです。
入門時、どのような費用がかかりますか?
入門香資、公認教材、道衣、スポ-ツ安全保険(年間)等の費用が必要です。詳細は道院にて説明します。
その他、ご不明な点につきましては、直接お問い合わせください。

Page
Top